信じて進むということ

7月の頭に受けたトランペットレッスンですがその後の練習に大きな影響を与えています。

SONY α7III + Carl Zeiss Loxia Biogon T* 35mm F2


1人で練習するのって意外とキツいんです。


自分が練習していることが本当に正しいのか、そしていい方向に向かっているのか。それが不安になりレッスンを受けたのですが目からウロコとはまさにこのことと言う感じでアドバイスをいただき、今後の方向性を示していただきました。


レッスンを受けてからやっとスタートラインに立てたという気持ちになりました。


これが終わりではなく始まりです。この道を進むといいですよと示してもらって進むのはあくまで自分なのです。しっかりと考え、頭で理解しながら。


でも1人で練習するのって意外とキツいんです。(2回目・笑)


SNSやネットを検索すると同じ悩みや境遇の人がたくさんいて凄く励まされます。悩んでいるのは自分だけじゃないだなって。とてもいい時代です。


レッスンを受けて本当に良かった。自分が進むべき方向を明確に示してもらったから。こう進めば大丈夫。目に見える上達は遅くて不安ではあるけれど間違ってはいないのだ。こう自信を持って練習を進めることが出来るのはレッスンのおかげです。


トランペットってこんなに面白かったんだなと最近凄く感じます。


荻原明先生、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。




自転車に乗ってどこまでも

自転車に乗ってどこまでいこう 風にのって野原を越えて 雲をとび越え どこまでもいこう

0コメント

  • 1000 / 1000